ソフトヤミ金の対応はソフト

ヤミ金というとお金に困っている人でもつい敬遠したくなりますが、最近ではそれに「ソフト」がついた「ソフトヤミ金」なるものが登場しました。

 

 

その利用者も増えているようですが、一体何が「ソフト」なのでしょうか。

 

ヤミ金の取り立てはハード

ヤミ金でお金を借りる方は、程度の差こそあれお金には困っている方ばかりです。

 

仮にヤミ金でお金を借りたとしても、しっかりと返済できる保証がどこにもありません。もとより、ヤミ金は金利も法外な数字を設定していますので、完済できる人はごく限られているのです。

 

もし利用者が返済できない状態に陥ってしまったとしたら、ヤミ金はどのような手に出るでしょうか。

 

職場に押しかける、自宅に押し掛ける、親兄弟の家に押しかける、深夜や早朝にもかかわらず取り立ての電話をしてくるなど、法律違反の取り立て行為ばかりをしてきます。

 

もともとヤミ金の存在自体が違法ですので、取り立ての違法性など問題にはしていないのかもしれません。

 

このように、通常のヤミ金の取り立てはかなりハードですので、それに耐えかねて警察や弁護士に相談に行く人も多いのです。

 

ソフトヤミ金の対応はソフト

通常のヤミ金と比べてソフトヤミ金がソフトなのは、その対応です。ソフトヤミ金では、ヤミ金が行なっているような押しかけ行為や恫喝まがいの取り立て、これらの行為を行なっていません。

 

利用者からすると、返済に困っている人に対して親身になって相談に乗ってくれます。利息の支払いをちょっと待ってくれることは珍しくなく、仕事がないので返済できない人には就職先をあっせんする業者もあるくらいです。

 

こんな対応、ヤミ金だけでなく大手消費者金融でもまずしてくれませんよね。

 

ソフトヤミ金の対応がソフトな理由

ではなぜ、ソフトヤミ金の対応はソフトなのでしょうか。

 

まず、ソフトヤミ金は利息を多くとることを目的としているからです。ヤミ金は、元金も含めて利息の返済を求めるため、かなりハードな取り立てです。一方ソフトヤミ金は、利息を多くとればいいので、そのためには対応をソフトにして搾り取りやすくします。

 

そしてもう一つ、弁護士や警察に駆けこませなくするためでもあります。ソフトヤミ金は、情に訴えかけて親身に相談に乗ってくれる姿勢を見せます。そうなると、利用者はソフトヤミ金に「頼れる存在」として一定の信頼感を感じます。

 

信頼感を感じている相手に対して、警察や弁護士に相談することはまずしません。

 

しかしソフトであろうとヤミ金であることには変わりはないので、借りたところがソフトヤミ金であると分かった段階で闇金の相談先に連絡をするようにしてください。

 

トイチという金利の恐ろしさ

闇金の多くは金利を10日で1割の設定にしているところが多く、このやり方を通称トイチと呼びます。たった1割だったらなんとかなると思ったかもしれませんが、この1割という金利が10日おきに返済する利息分です。

 

つまり元金は一切返済することなく利息分だけで、1割も取られるということです。闇金の多くは、一回そこまで多くの金額を貸すことはありません。

 

一回あたり出しても5万円あいいところです。この5万円を闇金業者から借りたとします。すると10日ごとに最低でも5,000円は返済に支払わないといけません。しかし、一回5,000円で支払ってしまうと、元金が一切減っていないので、次回もまた利息分だけで5,000円掛かることになります。

 

利息だけで1ヶ月15,000円も掛かることになり、3ヶ月と少しで元金を超える利息を支払いしてることになります。こんなに恐ろしい金利は存在してはいけないと思いますが、実際にこの金利を超えるものも存在します、

 

10日で5割とトゴ、10日で3割のトサンなど、さら上を行く一日3割というヒサンというものも存在します。こんな金利払っていけるわけがありません。高利貸し最盛期の頃はよくあった金利だとも言われていますが、こんなことは許されるものではありません。

 

違法性の非常に高いヤミ金の代表的な手口とも言えるため、明らかにおかしな金利による利息の請求をされていると感じるなら、弁護士などでヤミ金問題を専門に扱うところに相談をしてみましょう。